∧ page top

専門業界の職業相談

仕事上よくあるトラブルを防ごう。

どんな専門職でも、その道のスペシャリストとして社会に貢献することのできる素晴らしい職業です。職場や労働条件でお悩みの方はもう自分ひとりで悩まないでください。仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。
どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

女性の仕事復帰の職業相談

スポーツトレーナーの職業相談

企業情報や労働条件をしっかり確認を。
どこで経験を積むかも大事なポイント!

昨今、スポーツトレーナーを求めている企業が増えてきていますが、企業により勤務時間や報酬など労働条件がかなり違います。有名な会社や有名なスポーツクラブだからといって労働条件が良いわけではありません。
就職する際には、しっかり企業情報や労働条件を確認することが大事です。
人気のある、プロスポーツチーム契約、クラブチーム、プロスポーツ選手専属契約は、スポーツトレーナーとしてかなりの実績や経験がないとできませんし、このようなトレーナーの多くは雇われではなく、独立系のトレーナーです。
また、人気商売ですから、実績・経験・認知度を積み上げていき、自分の名前を売る事も大切です。

駆け出しのトレーナーは、まずはスポーツジムや治療院に就職し、経験を積む人が大半でしょう。
パートやアルバイトの求人も多く、その際にもしっかり企業情報や労働条件を確認することが大切です。

スポーツトレーナーとして働くには国家資格が必要です。

スポーツトレーナーとして働くには、鍼灸師・柔道整復師などの国家資格が必要です。なぜなら、これらの資格がないと、「選手の体に触れて医療類似行為を行うことが出来ない」と日本の法律で定められています。
資格をとるには専門の大学や専門学校に行って卒業し、国家試験に合格する必要があります。
また、大学や専門学校により就職先企業とのパイプが違うため、自分が望む就職先や業界に強い人脈や結びつきがあるか、一度調べてみましょう。
過去の就職実績やその学校を卒業された先輩に聞くのも方法のひとつでしょう。
また、調べる方法がわからない、業界の情報を知りたい方はぜひ、当相談センターにご相談ください。
お話を聞かせていただき、学校情報や、スポーツトレーナーを募集している企業の情報をお伝えします。

■ 主な就職先 ■

  • プロスポーツチーム契約
  • クラブチーム
  • フィットネスクラブ
  • スポーツジム
  • プロスポーツ選手専属契約
  • 整体院
  • 接骨院
  • 介護施設
  • アメリカのスポーツチームと契約

■ 必要な資格 ■

  • 柔道整復師
  • はり師
  • きゅう師
  • あん摩マッサージ師
  • 理学療法士

■ もうひとりで悩まないでください ■

全国職業相談センターは、人材紹介会社ではありません。実際に求人をしている企業でもありません。
当相談センターは、仕事を辞めたい、人間関係の悩み、将来が不安等、職場や仕事上の悩みを抱えている方のための公平中立な相談窓口です。
仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。
どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

まずはお気軽にご相談ください

  • 働いてみると募集時と話が違う
  • もしかして、ブラック企業?
  • 人気の一流企業に入りたい
  • 産休明けだと仕事が少ない
  • 会社を辞めさせてくれない
  • 現場に張り付きで家に帰れない
  • 仕事内容に給料が見合ってない
  • 上司のパワハラがすごい
  • 経費が出ず自腹が多い
  • 採用面接、不安でいっぱいだ
今の仕事に不満
素人だけど農業を始めたい
派遣社員のままで将来が不安
独立してお店を出したい
自分に向いてる職業がわからない