∧ page top

セカンドキャリア

就職・転職の際によくあるトラブルを防ごう。

「定年退職後」「子育て後」「スポーツ選手引退後」の新たなキャリアステージで 自分の価値を認識し、今後の目標を設定していますか?どんな風に進めて良いかわからない…そんな悩みがあればご相談をお受けします。 仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

女性の仕事復帰の職業相談

退職者の再就職の相談

再雇用か、転職か。

2013年4月から、企業の定年年齢が60歳から65歳に引き上げられました。そして多くの企業が「再雇用制度」を採用しています。しかし、一見すると良さそうなこの制度。単なる定年延長と異なり給料が激減するという現実があり、なかには半分近くになってしまうという調査結果もあります。また再雇用後「過去の上下関係によるプライドが捨てられない」など、様々な問題もあるようです。そんな中、定年後、今の会社に残ることを良しとせず、別の会社に転職する人もいます。確かに転職することによって再び活躍の場が広がる可能性はあるでしょう。しかし、多くの団塊の世代が定年を迎え、退定年後の転職もまだまだ問題が多いです。
また、定年退職と年金受給開始までにブランクができたことで、多くの退職者が職を探しています。
年金受給開始までのブランクをうまく埋められず、老後生活に経済的支障が出てしまう方もいます。

あなたのキャリアを活かし、やりがいある仕事を!

企業によっては定年退職者の専門的能力や実務経験を買い、積極的に採用しているところもあります。
退職者の経験、技術、人脈などを欲しがる企業もあります。 若手の育成や、技術の伝承などを望む企業もあります。仕事を探している退職者と、退職者が欲しい企業との「マッチングがうまくいっていない」というだけのこともあります。
就職希望者側もうまく企業情報を集められないということもありますし、企業側もそうした人たちとうまくつながれず、ミスマッチが起きていることがあります。
何度も繰り返しますが、定年退職者を積極的に採用している企業はあります。企業側も今までのキャリアを活かし活躍への期待があってのことですから、60歳以降にいきいきと働くチャンスがあるなら積極的に活用してほしいと思います。
定年退職後の再就職やセカンドキャリアの相談がある方は、当相談センターにご相談ください。
お話を聞かせていただき、不安や悩みが解消できるようにサポート致します。

再雇用の雇用条件は
しっかり確認を。

退職前に自分の
キャリアプランを
考えてみましょう。

定年後でも生き生きと
働ける場はあります。

■ もうひとりで悩まないでください ■

全国職業相談センターは、人材紹介会社ではありません。実際に求人をしている企業でもありません。
当相談センターは、仕事を辞めたい、人間関係の悩み、将来が不安等、職場や仕事上の悩みを抱えている方のための公平中立な相談窓口です。
仕事上のお悩み相談窓口として各公的支援機関や経験豊富な専門家の方々と連携して対応いたします。
どうぞ、当相談センターを上手に利用し、解決の糸口を見つけて下さい。

まずはお気軽にご相談ください

  • 働いてみると募集時と話が違う
  • もしかして、ブラック企業?
  • 人気の一流企業に入りたい
  • 産休明けだと仕事が少ない
  • 会社を辞めさせてくれない
  • 現場に張り付きで家に帰れない
  • 仕事内容に給料が見合ってない
  • 上司のパワハラがすごい
  • 経費が出ず自腹が多い
  • 採用面接、不安でいっぱいだ
今の仕事に不満
素人だけど農業を始めたい
派遣社員のままで将来が不安
独立してお店を出したい
自分に向いてる職業がわからない